Blog

ブログ更新情報


2020

部員ブログ 12月編


皆さんこんにちは。

本日より12月に突入し、今年度の秋季リーグ戦は残り1試合となりました。

さて今年度最後のブログでは、主将 市川司韻にインタビューをしました。

チームを統率するにあたって、主将として意識してきたことや後輩への思いなどに是非ご注目下さい!


-4年間を振り返ってどうだったかを教えて下さい!

4年間を振り返ってみると、順風満帆で満足の行くフットボール生活とは対照的で、難しく厳しい4年間であったと思います。

それは個人的な事とチームの事、両方共に思うことがありました。


まず個人的な事では、私は1年生の時から先発としてこれまで全試合に出場させて頂きました。

また2年生の時には、U-19日本代表にも行かせて頂きました。

これだけを見ると、充実した生活であったと言えるかもしれませんが、私の中ではフットボールから離れようと考えた時期もありました。

そして、何かしらのことが常に心の中に引っかかっていました。

これらのことは全て自分自身が原因でした。

下級生の頃、「もっとこうした方が良くなる・これはこのようにした方が良いのではないか。」と思っていても、先輩たちの代だからと特に何も言わなかった自分。何かと理由をつけて、やらない理由を探していた自分。レベルを上げたいと思っているのに、周りを巻き込めなかった自分。

他にも思い返せば沢山出てきます。

個人として難しく厳しかったと書きましたが、これも言い訳なのかもしれません。

私自身が自分のために、またチームのために行動をすべきであったと強く反省し、後悔しています。


チームのことについては、これは単純に「勝てなかった」ということです。

毎年、TOP8の昇格を掲げていても挑戦権すら得ることが出来ず、2部との入替戦に出場。

厳しい言い方になりますが、私たちはまだTOP8に挑戦することにすら値しないチームだということです。

最終学年である今年度は主将として、何とか負け癖を取り払いTOP8に少しでも近付こうと意気込んでいましたが、新型コロナウイルスの影響で、昇格・降格無しの「特別なシーズン」となってしまったのが悔しいです。

TOP8昇格と言葉で言うのは簡単です。

しかし現実はそう甘くありません。

BIG8を制覇したその先に、また新たな大きな壁があります。

厳しく難しいものを耐え抜いて、後輩たちには本気で上を目指してほしいと心から願っています。



-BLUETIDEの一員として、自分自身が成長したなと思うことはありますか?

私が弊部で成長したと感じることは、「考える」ということです。

これは主将となったこの1年間で、1番成長した部分であると思います。

今年度は体制が変わり、主将である私が監督と同じような働きを担っていました。

チームが勝つのも負けるのも、良くなるのも悪くなるのも私次第だと強く感じていました。

その中で、今のチームを良くするには何が必要なのか、何を伝えれば良いのかといったことを常日頃から考えていました。

またグランド外の事では、監督にもお力添えを頂きながら、2・3週間先のメニュー・スケジュール調整、その他対応を行って、運営面的な面でもチーム全体のことを考え、把握していました。

監督がどれほど大変なのかという事も身に染みて感じましたし、これを経験したことによって様々な面からチームに対して向き合い真剣に考えることができました。

もともと「考える力」というものは、自分自身の中である程度は備わっていると思っていましたが、そこに新たな面の「考える力」が身についたと思います。


-それでは最後に、BLUETIDEの後輩たちに伝えたいことや残しておきたいことについてお願いします!

まず後輩たちに残したいことは、私のフットボールに対する姿勢や考え方です。

正直これを言葉に表すのは難しいので、詳しくは書けませんが、特に私のポジションであるオフェンスラインの後輩たちは、私がどのように考えプレーしているかなどを、1番近くで見てきたと思うので、何かしら感じ取って活かしてくれるだろうと信じています!

次に伝えたいことですが、これはもうただ一つで「フットボールをやれるときにやれるだけ全力でやってほしい」ということです。

私たちは学生の貴重な4年間をアメリカンフットボールに注いでいます。

その1分1秒たりとも無駄にしてほしくない。

というのも、私たち4年生は新型コロナウイルスの影響でフットボールが出来ない日々が長く続きました。

そして、制限がある中でも練習が再開された時にはフットボールができるありがたみを感じ、その環境に感謝しました。

今後もいつ当たり前の日常が奪われるかは分かりません。

出来る時に出来るだけ全力でフットボールをして欲しい、というのが私の伝えたいことであり、願いです。




最後に、ここまで長く拙い文章を読んで頂き有難うございました。

自己紹介が遅れました、今年度主将の市川司韻です。

12月5日(土)16時より「特別なシーズン」の最終戦であり、私たち4年生の引退試合が行われます。

また今年度最初で最後の有観客試合となります。

席数制限があり、会場に来られない方もいらっしゃると思いますが、皆様の熱い応援が全て私たちの力となります。

勝利を掴み取るために最善を尽くしますので、最後までご声援のほど宜しくお願い致します。



駒澤大学アメリカンフットボール部  BLUETIDE



******************

HP→ http://ku-bluetide.com

Twitter→@ku_bluetide

https: //twitter.com/ku_bluetide

Instagram→@komazawa_bluetide

Facebook→ https://www.facebook.com/komazawa.bluetide/

お問い合わせはこちら→bluetide.hp@gmail.com

******************

コメント
名前

内容