Blog

ブログ更新情報


2020

部員ブログ 10月編


皆さんこんにちは。

10月となり、秋季リーグ戦開幕まで1ヶ月をきりました。

長らく更新しておりませんでしたが今回のブログでは、ディフェンスのポジションリーダーにインタビューをしました。


【DL(ディフェンスライン)】

★リーダー:4年 蓑田 大和


-ポジション内での注目選手はいますか?

3年 所 功務選手です。


-注目しているところを教えてください!

日本人離れしたパワーとスピードはもちろんのこと、彼のチームの勝利への熱い思いがプレーに表れているところに注目しています。


-最後に、ポジションリーダーとしての意気込みをお願いします!

自分自身が悔いの残らないプレーをします!

そして、ポジ長としてはDLの後輩たちが成長できるようなヒントを残します。



【DB(ディフェンスバック)】

★リーダー:4年 速見 朋弥

-ポジション内での注目選手はいますか?

3年 石井 大輝選手です。


-注目しているところを教えてください!

彼の注目しているところは、高校生の頃から磨いてきたハードタックルです。

決して器用な選手ではありませんが、負けん気が人一倍強い彼が繰り出すタックルは相手オフェンスのファンブルを誘発できるほどです。

一方で、自分自身のコントロールが十分にできない時が多々あり、プレーにムラがあることも少なくありません。

彼自身も自分の弱点を理解しているので、今シーズンを境にウィークポイントを克服しストロングポイントを伸ばすことができれば、ポジション関係なく一人の先輩として嬉しいです。

今シーズンはもちろんのこと、来シーズンのディフェンスの中心選手になるよう期待も込めて今回選出しました。

ディフェンスには他にも特徴的な選手がたくさんいますので、今シーズンの駒澤ディフェンスを楽しみにして頂ければと思います。


-最後に、ポジションリーダーとしての意気込みをお願いします!

今年、ディフェンスでは多くのポジションで世代交代が起きました。

今までの駒澤ディフェンスを見てきた方からすると、今回の世代交代は不安要素の一つかと思われます。

しかし、私はそうは思いません。

多くの選手が、サイドラインで秘めてきた思いを発散する機会を伺っているほどです。

今シーズンはどれだけ頑張っても4試合しかチャンスがありません。

ですが、その4試合すべてでファンブルフォース、インターセプトを量産しPick Sixまでもを量産したいと思っています。

駒澤ディフェンスらしい、“攻撃的なディフェンス”を体現するためにも、我々DBが最後の砦として最後尾を守りきり、駒澤ディフェンス全体を引っ張っていけたらと思います。


【LB(ラインバッカー)】

★リーダー:3年 大野 昌紀

-ポジション内での注目選手はいますか?

2年 東郷 倫朗選手です。


-注目しているところを教えてください!

彼は未経験ながら去年から試合に出場していて、センスも向上心も高く持っている選手です。

特に彼のパスカバーにご注目ください!


-最後に、ポジションリーダーとしての意気込みをお願いします!

今年は試合数こそ少ないですが、今まで以上にLBで存在感を出していきたいと思います。

応援宜しくお願いします!



駒澤大学アメリカンフットボール部  BLUETIDE


******************

HP→ http://ku-bluetide.com

Twitter→@ku_bluetide

https: //twitter.com/ku_bluetide

Instagram→@komazawa_bluetide

Facebook→ https://www.facebook.com/komazawa.bluetide/

お問い合わせはこちら→bluetide.hp@gmail.com

******************

コメント
名前

内容